電子マネーを知る > Suica

Suica

電子マネー2.0への道のり

EdyにはEdy専用の読取端末機が、SuicaにはSuica専用の端末機が必要で、それぞれの電子マネーは専用端末でないと対応できないという課題を持っている。これが、コンビニの狭いレジスペースを悩ませる状況を作り出し、複数の電子マネーをひとつ…

電子マネー基礎知識

駅でのハイテク対口一テクの戦い

電子マネーのハイテクと、駅売店のキオスクのローテクが戦いを始めていること、ご存知でしょうか。 首都圏のJR東日本では、最近シャッターを閉じた状態となっている駅売店キオスクが目につきます。 新聞を取ってキオスクのおばさんに千円札を渡せば、すぐ…

電子マネー基礎知識

消費者から見た電子マネー

次に、利用者から見ての電子マネーのメリットはどこにあるだろうか。 鉄道利用でIC乗車券としての使いやすさはすでに多くの人が体感している。毎回切符を買う必要がなく、PASMOならこれ一枚で、首都圏の鉄道もバスもSuica区間も利用が出来て便利…

電子マネー基礎知識

電子マネーを提供する企業の狙い

電子マネーを提供する企業側は何を目的としているのだろうか。電子マネーの用途は、 大きく言って一通りに分けられる。ひとつは、Suicaやイコカに代表される鉄道乗車券だ。そしてもうひとつは、買物などの支払い、つまり決済手段としての電子マネトだ。…

電子マネー基礎知識

PASMO vs Suicaなのか

PASMO対Suicaという見出しが新聞や雑誌で踊るが、これは正しいのか。パスモ傘下の鉄道会社に間いてみると意外な答が返ってくる。それはPASMOの敵はSuicaでなく、PASMOだという答だ。 Suicaはすでに二〇〇〇万人を越える利用者…

PASMO

モバイルパスモはいつ登場するか

サービス開始時点では、PASMOはカード形態だけだ。Suicaの歴史を見ればカードスイカが登場し、その次にケータイ電話にスイカアプリを載せてのモバイルSuicaが出てきた。EdyもはじめはカードEdyが登場し、次におサイフケータイでのEdy…

PASMO

いまさら聞けないEdyの基本

「Edy」の名前は、グローバルに広く使われるようにとの願いをこめて「Euro(ユーロこ「Dollar(ドル)」「Yen(エン)」の頭文字から取って生れた。電子マネーとして○一年にデビューした「Edy」は、ソニーが開発した非接触IC技術「フェ…

SuicaとEdy

JR東日本のポイントサービス開始

Suicaが、駅の自動改札や駅ナカでのレジで「スイスイ行けるICCard」として威力を発揮しているが、今後の段階は、それだけでは十分ではない。 他の電子マネーと比較して、Suicaを使うメリットがはっきりと出てこなければ、利用頻度はなかなか…

SuicaとEdy

駅ナカヘの課税問題を乗り越えて増える加盟店数

○四年に駅ナカでSuicaの電子マネーショッピングができるようになってから、現在その加盟店舗数は一万二千店舗を数える。 少子高齢化などによる鉄道利用者数の頭打ち、そして今後の鉄道収入の減少という経営課題を克服する切り札のひとつとして、JR東…

SuicaとEdy


1 / 212