電子マネーを知る > SuicaとEdy > JR東日本のポイントサービス開始

JR東日本のポイントサービス開始

Suicaが、駅の自動改札や駅ナカでのレジで「スイスイ行けるICCard」として威力を発揮しているが、今後の段階は、それだけでは十分ではない。

他の電子マネーと比較して、Suicaを使うメリットがはっきりと出てこなければ、利用頻度はなかなか増えない。つまり、決済を超えた新しいサービスが必要となるわけだ。その有力な候補が「ポイントサービス」であり、この充実は、電子マネーが現金に取って代わる重要な条件となるであろう。

その意味では、○七年の六月から開始するJR東[日本の「Suicaポイントサービス」は興味深い。ショッピングでのSuicaの利用金額や利用回数に応じてポイントがたまるサービスだ。

これには二種類あって、ひとつは「Suicaポイントクラブ」サービスで、利用者がこのサービスを導入した加盟店でSuicaによる支払いをすれば、「Suicaポイント」が貯まる什組みとなっている。

貯まったSuicaポイントは、電子マネーとしてビュースイカカードかモバイルSulcaにチャージすることも出来るし、JR東日本と提携した企業とのポイント交換も可能となっている。

なお、この利用者はあらかじめ「Suicaポイントクラブ」への入会が必要だ。「Suicaポイントクラブ」はJR東日本が設立・運営する会員組織となっている。

もうひとつは「オリジナルポイント」サービスと呼ばれ、新たに加盟店独自のポイントサービスを導入する事業者向けの内容となっている。

このサービスのシステムはJR東日本が準備し、利用する事業者は一定額の利用料を支払うことで手間をかけずに導入ができる。

このサービスを導入した加盟店で買物をして貯まったポイントは、加盟店独自の割引クーポンや景品に交換することが出来るし、モバイルSuicaに再チャージするという選択肢も提供されている。この「オリジナルポイント」サービスでは、利用者の事前び録は不要だ。

このふたつのポイントサービスは、JR東日本としては初の試みとなる。

乗車券利用を第一の目的として立ち上げたSuicaだが、第二段階の電子マネーショッピングでどこまで利用頻度を増やすことが出来るか、それはとりもなおさず巨大鉄道企業が、「脱鉄道」を本格化させうるかどうかを占う試金石でもある。 






キーワード