SuicaとEdy

ANAマイレージで伸ばしたEdy

Edyの成長に大きな役割を担ったのがANAである。ANAとEdyが提携したのは○三年六月で、これを機に、Edyはそのユーザー数を大きく伸ばしている。陸と空をシームレスに結ぶサービスが着実に展開されている。 JALとの戦いで勝つためにANAの…

SuicaとEdy

Edyのビジネスの仕組み

Edyのビジネスの仕組みを説明しよう。Edyビジネスは「バリューイシュアー」と「カードイシュアー」、そして全体の運用を行うビットワレット株と加盟店との四者で構成されている。 そして、Edyカードの発行元は、Edyのバリューを発行する「バリュ…

SuicaとEdy

Edyはどこで買って、どう使う

Edyカードは、コンビニのam pmやサークルK、サンクスなど、入り口にEdyマークが貼ってあるEdy加盟店で購入できる。Edyカードヘのチャージは、加盟店のコンビニなどの店頭や、Edyチャージャー(現金入金機)、インターネットでクレジット…

SuicaとEdy

いまさら聞けないEdyの基本

「Edy」の名前は、グローバルに広く使われるようにとの願いをこめて「Euro(ユーロこ「Dollar(ドル)」「Yen(エン)」の頭文字から取って生れた。電子マネーとして○一年にデビューした「Edy」は、ソニーが開発した非接触IC技術「フェ…

SuicaとEdy

オートチャージとモバイルSuicaのオンラインチャージはどつちか便利か

モバイルSuicaは、現在はオートチャージができない。チャージが必要なときは、オンラインチャージをケータイ電話から行うようになっている。 こうなると、ビュースイカカードでオートチャージか、それともモバイルSuicuでのオンラインチャージか、…

SuicaとEdy

モバイルSuicaでネット決済もできる

○六年の秋から、銀行のモバイルバンキングを用いてモバイルSuicaにチャージができるようになった。 これまでモバイルSuicaへのチャージと言えば、ケータイ電話でビューカードから「オンラインチャージ」を行うか、JR東日本の駅コンビニ「NEW…

SuicaとEdy

モバイルSuicaを増やす「EASY」タイプ

モバイルSuicaは○七年三月時点で利用者数四〇万人を超えた。 サービス開始は○六年一月で、当初はJR東日本のクレジットビューカードの会員しか使えなかった。 しかし○六年秋にビューカード会員という枠をついに開放し、JCBやVISA、アメリカ…

SuicaとEdy

JR東日本のポイントサービス開始

Suicaが、駅の自動改札や駅ナカでのレジで「スイスイ行けるICCard」として威力を発揮しているが、今後の段階は、それだけでは十分ではない。 他の電子マネーと比較して、Suicaを使うメリットがはっきりと出てこなければ、利用頻度はなかなか…

SuicaとEdy

駅ナカヘの課税問題を乗り越えて増える加盟店数

○四年に駅ナカでSuicaの電子マネーショッピングができるようになってから、現在その加盟店舗数は一万二千店舗を数える。 少子高齢化などによる鉄道利用者数の頭打ち、そして今後の鉄道収入の減少という経営課題を克服する切り札のひとつとして、JR東…

SuicaとEdy

Suicaにオートチャージが導入

Suicaはプリペイド式だ。従って、残高が少なくなるとチャージをしておく必要があるが、うっかり残高が不足していたということを体験した人も少なくないだろう。 そこで、○六年秋にはJR東日本のクレジットカード「ビュースイカカード」でオートチャー…

SuicaとEdy


1 / 212