電子マネーを知る > PASMO > 京成電鉄の「京成力-ド」はPASM0に再チャージできる

京成電鉄の「京成力-ド」はPASM0に再チャージできる

京成電鉄は東京と成田を結ぶ路線として大正時代に開業し、05年度のグループの総売上は約2300億円で、鉄道・交通事業は約1100億円とグループ全体の約半分である。PASM0導入に合わせて07年に入ってから「京成カード」の発行を開始、クレジットカード事業の歴史は新しい。

「京成カード」でPASMOへのオートチャージができ、オートチャージ額が3000円につき15ポイントと、還元率0.5%を提供している。

ところで、「京成カード」を利用して京成グループの百貨店、ショッピングセンター、スーパーなどで買物をした場合も、一000円につき10ポイントが付いてくる。(ポイント率は加盟店によって異なる)貯まったポイントは「京成グループ共通優待券」と交換され、1000ポイントで1000円分で。京成ポイントをPASMOに直接に再チャージすることは出来ないが、京成ポイントを一旦「京成グループ共通優待券」に交換し、その共通優待券を定期券売場に持っていくとPASM0に再チャージが可能となっている。






キーワード