電子マネーを知る > 電子マネー基礎知識 > 使わないポイントの再利用方法

使わないポイントの再利用方法

貯めるときには一生懸命に貯めるポイントですが、せっかく貯めても、上手に使うことは意外と大変です。気づくと使わずに有効期限が過ぎてしまったというケースは以外に多いのです。

そこで、持っていても使わないポイントを、別のポイントに交換するサービスが米国ではすでにはじまっています。いくつかのサービスがありますが、「PointS.Com」はその代表格です。たとえば、アメリカン航空のマイルとアマゾンのポイントを交換したり、スターバックスコーヒーのポイントと交換できるサービスを行っています。

日本では住友商事などが出資する「ジ一・プラン㈱」が、ポイント交換サイト「Gポイント」を運営してポイント交換事業を進めていて、会員数は約150万人を越えまた。

Gポイントを利用するには、まずサ一ビスサイト(http://www.gpoint.co.jp/)で無料会員登録を行い、ユーザーはバラバラに貯まっていたポイントをGポイントに集約します。

Gポイントは、さらに好みのポイントに交換することができ、好きなサービス、景品を手に入れることができます。つまり、Gポイントを仲介ポイントとして複数のポイント同士を交換できるサービスなのです。

例えば、三井住友VISAカードやカタログ通販のセシールの利用で貯まったポイントを、Gポイントに交換し集約。まとめて、全日本空輸のマイレージやアマゾンの商品やEdyに交換ができます。07年1月時点で、交換できるポイントは100社を超えました。(但し、交換レートはそれぞれのポイントで異なります。)






キーワード